もうなんだか

Mediumがくさくなったのですべてこうすることにしたがどうか。ムー。自前で何かを用意するほどの、体力というか、なんだ、タフネスだとか、そもそもの知識とか技術とか、それらを得るためのモチベーションなどがとにかく無い。

スタープレイヤー(恒川光太郎)を読み終わったことを思い出した。その後、なぜか俺の中でジュブナイルブームが発生したので桜庭一樹を何冊か買う。15マス戻る。そうして14歳になってしまったので、今は不登校児として活動している。

いろいろな出来事が発生した結果、アイドル八犬伝(ナツメ/1989)を遊んでいる。特に深い理由はないけど、意外とレスポンスが良く、操作感がモタモタしてなくてプレイしやすい。ありがトーワチキ。面白いかどうかは分からないが、平成も終わるし、いいんじゃないかな。14歳なんで平成っていうのがなんのことか知らねーけどな。自分が誰なのかも分かってないし、14っていうのがなんなのかも知らん。数字?えっ……?