近きんきょう況

すっかり読み終わっていたつもりだったショーペンハウアーの「読書について」を実は読み切っていないことに気付き再び読み始めたらドイツ語について罵倒しまくる章ののちサクッと終わって読み終わったことに気付かなかった。なんだそりゃ。